いのちかがやく

​自閉症を持つ子どもたちから学んだことを社会へ

「いしきをどう使うかが大事なんだよ。
おしつけるのではないよ。感じてね。
ぼくをわかろうとしてくれて嬉しかった。」

自閉症を持つ子どもたちからおしえてもらった、
一人ひとりの中にある「答え」

障害と
健常。大人と子供。先生と生徒。

すべてのわくを超えて生命輝き、

より良く発達できる環境を未来へ
つなぎたい。

 

いのち輝く眼鏡イノチグラス
全国での講演やセミナー情報